« バイクの補助輪~後日談 | トップページ | チョイ悪中年ライダーズ ツーリング奮闘記 パート43 »

2012-05-23

チョイ悪中年ライダーズ ツーリング奮闘記 パート42

「チョイ悪中年ライダーズ

ツーリング奮闘記 パートXLII

  “初めての新東名高速道路!”――(編)



ある日の昼下がりに・・

「今度の連休はどこに行こうか?」

特攻隊長であるビーエム龍崎氏が缶コーヒー片手に・・そう言った

「そうですね・・折角~新東名が開通したのだから・・

               初走りに行きますか!」

「おお~~良いねえ・・それじゃ・・富士五湖で一泊して

         次の日は中央道から帰ってくるか!!」

「OK♪」

ということで今年のGWのツーリングが決まった


そして~当日の朝・・

そろそろ出発の時刻が迫ってきた頃

≪ピロピロ~ピロピロ~≫

けたたましい音で携帯が鳴った!

「こんな時間に電話なんて・・あまり出たくないなあ~~」

昨年のGWの際もツーリングの朝に好ましくない電話があり・・

ひと悶着したのだった!

「もし・・もし・・」

「ああっ・・ご・郷田会長・・おはようございます!」

直立不動で電話に出ると・・

「もし・・もし・・今日の叙勲だが・・一件見落としがあった!

   すまんが・・今から自宅へお祝いの品を持参してくれ!」

「・・・は・はい!承知いたしました!!」

電話を切ると

―――(困った・・会社に行ってお祝いの品を届けると

          皆より1時間以上は遅れるかな・・)

そう思いながら

ガレージに行き・・ドカのバッテリーチャージャーを外して

「さて~さて~ドカちゃん・・エンジンが掛かりますように」

祈りをこめてセルを回すと・・

≪キュルルルーーヴォンンンーーーヴォンヴォン≫

一発で掛かった・・

「今回は幸先良いぞ!」

「きっとお客様は自宅にいらっしゃるに違いない」

二つの不安の一つが何とかクリヤした!

――→ドカの調子が今一歩~調子がよくない不安と

もうひとつの不安は――→

勲章をもらう方には何種類かのタイプがある

①朝早くから起きてお祝いの品を待っている方

②朝早く起きているが・・奥様に対応していただき

     そして・・親しい人だけ本人が対応する方

③たくさんの方が訪問するので 対応が大変のため

           旅行などに行って不在にする方

この③のタイプが一番始末に悪い・・何度も自宅に足を運び

結局その一日がパーになってしまうこともあった!

そして・・フェーザーKに遅れることを報告して

どこかで追いつくことを約束した・・


Img_3262

ドカの調子が悪く不安な出発!

バッテリーチャージャーも持参する!!


そのお客様のマンションはすぐに判った

いつもより少々早い時間だったが~恐る恐るベルを鳴らすと・・

元気よく奥様が出ていらして・・

「旦那様の叙勲表彰おめでとうございます!」

うやうやしくお祝いの品物を差し出すと

「まあ~どうしましょう!

       いただいて良いのかしら?」

「どうぞ~どうぞ~」

そういいながら品物を靴箱の上に置かして頂き

もう一度深々と頭を垂れた

「ところで旦那様はもう出かけられたのですか?」

よく知っている方だったのでお会いしたかったが・・

「ええっと~昨夜は遅かったので・・」

「じゃあ・・結構です・・宜しくお伝えください!」

そして会社に戻って戦闘服に着替えてドカにまたがった

「しかし・・新たなタイプの方が出てきたな」

④たくさんの方がお祝いを持参しに来ることが判らなくて

              ゆっくりと休んでいる方


≪新東名高速道路≫

2012年4月14日に三ケ日JCT~御殿場JCT間で開通

道路も広くてアップダウンも少なく走りやすいと評判だ

途中途中のSA・PAも充実しており・・憩いの場になっている♪


「さぁ~~ここから新東名か」

その路肩まできれいに黒々と舗装されている道を突っ走る

車の通行量はさほど多くは無かった・・


『もし~もし~今どこですか?』

フェーザーKも新型のインカムをつけていて

走りながらの電話通話は可能だった!

勿論こちらも旧型だったが電話に対応できるインターフォンを

装備している・・

『新東名に入ったところです』

『それでは静岡SAで待っていますので・・そこで合流しましょう』


静岡SAへ到着したが・・

SAへ入る車が数珠つなぎになっており

・・それを横目にしてSAへ入った

「ふっ~~やっと追いついた・・お待たせしました!!」

静岡SAでは今回の出演者の

       ビーエム龍崎氏

       フェーザーK氏

       ボルドールTSR氏

が勇んで待ち受けていた

そして一向は

満車の静岡SAを後にした

Img_3264

御殿場ICを降りて・・あの富士山を目指して♪


昼食はフェーザーK推薦の“魚啓”へ・・

到着すると結構な方々が待っている

「結構~評判の良いお店みたいだな!」

Img_3270

バイカーのメッカでもあるようで沢山のバイクが並んでいた!


やっと順番が回ってきて・・

我々4人は極上海鮮丼をチョイス・・

Img_3272

GWとあって店は大忙し・・

Img_3275

こ・これが・・特上海鮮丼だ♪♪


「トロが旨いぜ!」

「ウニが甘くて・・美味しい」

「結構・・ボリュームがありますね!」

皆~大満足だった♪♪


富士山スカイラインは程々に走れ・・

先ほどのサファリパークに入る車で渋滞のイライラを

吹き飛ばすように・・爽快な気分になった!

富士の兄貴は雲をまとったり・・外したりで・・

その姿はクッキリとは見せなかったが。。。

Img_3277

しかし・・五合目でも風は爽やかで

Img_3282

4台の駻馬のイナナキが富士山に木霊する!


その後は・・

Img_3289

千円札の裏面の本栖湖の逆さ富士をバックに・・


Img_3293

一日目の安全祈願の北口本宮浅間神社を経て

一向は本日のお宿の“岩魚茶屋”へ到着した!

Img_3302

なかなか洒落た民芸風な旅館だった!

Img_3308 

とりあえず・・乾杯♪

そして・・お風呂は個室で

Img_3309

「いい湯~だなっ~♪」

Img_3313

そして・・料理は豪華絢爛で

Img_3315 Img_3316_2

そして・・ドンちゃん騒ぎは夜更けまで続いた。。。



次の日は・・

Img_3319

ドンより曇ったよい天気で・・

Img_3325

カメレオン状態の富士山を持ち上げ

        「わしゃーー力持ちじゃ・・・♪彡」


Img_3340

「女将さんまた来るでよ~♪」


そして・・“岩魚茶屋”を後にした

しかし・・走り出してすぐに・・

『龍崎さん・・リアーのタイヤがペチャンコです』

『ええ~~どうして??』

(注:インターフォンで通話)

そしてスタンドへ行くと・・

「これは・・隣の整備工場へ持ち込んだほうがいいですね」

スタンドの隣の隣は自動車整備工場で

ビーエムを見てもらうと・・

Img_3342 Img_3344 

「ここに空気の泡が出ていますよね・・

        これはいわゆるパンクです!!」

しかし・・その後・・結局パンクの原因物が4本刺さっており

Img_3347

ビーエムをパンクさせた正体!


整備工場が近くにあって・・大事にならず

笑い話ですんだ一件になった!


 

そして

二日目の安全祈願の“武田神社”にて・・

Img_3361

“マックスミヤ氏”が登場!!

彼はガンダムメットの新兵器を持参しての参上だった!

  ガンダムメット:ヘルメットの表面をすべてメッキさせた新兵器?



武田神社は知ってのとおりの武田信玄を祭った神社で

Img_3355

武田信玄が使用した秘密兵器のヘルメットも・・祭ってあった!

     ―――――(ヘルメット?兜の間違いじゃない:読者より)


 

二日目の昼は・・昇仙峡の近くの

Img_3363

菅原屋という蕎麦屋でいただき・・

Img_3369 Img_3370

昇仙峡へ向かった


昇仙峡(しょうせんきょう)
山梨県甲府市甲府盆地北側~富士川の支流~荒川上流に位置する渓谷である。1923(大正12年)に国指定名勝に指定され、さらに1953(昭和28年)に特別名勝に格上げされている。正式名称は御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)であるが、一般には御岳昇仙峡と新字体で書かれる事が多い。秩父多摩甲斐国立公園に属し、同公園を代表する景勝地として知られる。長潭橋(ながとろばし)から仙娥滝までの全長約5キロメートルに亘る渓谷は、川が花崗岩を深く侵食したことにより形成された。渓谷内には、奇岩が至る所に見られる。日本二十五勝平成の名水百選等に選定されている。

駐車場所から  覚円峰(かくえんぼう)を望み♪

Photo

覚円峰(かくえんぼう)
日本一の渓谷美、昇仙峡の主峰『覚円峰』はその昔 

覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられている。


そして愛馬を休ませて・・

一向は昇仙峡ラインを上流へ歩むと・・

Photo_2

石門(いしもん)
巨大な花崗岩に囲まれた石門は先端がわずかに離れ

スリリングな不安定さを満喫できる。

Img_3388 

昇仙峡の千娥滝(せんがたき)にて


仙娥滝(せんがたき)
滝の名である「仙娥」とは、中国神話に登場するに行った女性嫦娥のことであり、ひいては月を意味する言葉である。富士川水系の荒川上流にある、山梨県を代表する景勝地の一つ昇仙峡の最奥部に位置し昇仙峡のシンボルである覚円峰の麓にある。高さ30mの壮麗な滝は新緑から紅葉、雪景色と四季にその美しさを装う。

おおっ~~特攻隊長が天を仰ぐと雪が舞う・・・???

Img_3385


そして一向は中央道高速を経て・・帰途に向かうのだった!


Img_3413

諏訪SAで・・

  「さぁ~~次はどんなハプニングがあるのか楽しみだ!」

と次のツーリングも楽しく行ける様に誓ったのだった!!


Img_3407

マックスミヤ氏のVmaxはメットがメッキ仕様で・・

益々お洒落になった♪

次は全身メッキか??




PS.モンスターはツーリングでは何とか不機嫌ながらも

リタイヤすることは無かった・・

しかし・・ご機嫌をとる為にドック入りして・・

精密検査を受けることにした

財布が軽くなることを考慮しながら。。。

PS2 この物語は ドキュメンタリーではなく 作者が勝手に執筆したものです。

よって登場人物や出来事など 事実と相違いたしますので ご了承下さい。

|

« バイクの補助輪~後日談 | トップページ | チョイ悪中年ライダーズ ツーリング奮闘記 パート43 »

コメント

Some time before, I needed to buy a building for my corporation but I didn't earn enough cash and could not purchase something. Thank God my father proposed to get the credit loans at creditors. Hence, I acted so and used to be satisfied with my car loan.

投稿: HarrisMadeline | 2012-07-22 04:16

ちーままへ コメント有難うございました。また新ネタを披露しますのでご期待ください。

投稿: モンスターCAN | 2012-07-11 07:13

先輩昨日は有難うございました。

ブログこれらかも楽しみにしてますので時間がある時にでも更新して下さいねo(*^▽^*)o

チョイ悪ライダーズ最高!!

またコメントしまーす!

投稿: ちーまま( ユミ ) | 2012-07-10 17:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョイ悪中年ライダーズ ツーリング奮闘記 パート42:

» グラドル辰巳奈都子のエロイDVD 【動画】 [すごい露出!! グラドル辰巳奈都子大胆セミヌードDVD発売]
コスプレカッコいい!ハードなセミヌードDVD発売グラドル辰巳奈都子 [続きを読む]

受信: 2012-05-23 17:19

» 夏休みの国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
夏休みの国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない7月連休・夏休みも格安で購入できます。ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 [続きを読む]

受信: 2012-05-28 11:40

« バイクの補助輪~後日談 | トップページ | チョイ悪中年ライダーズ ツーリング奮闘記 パート43 »